藤吉建築設計事務所

土地探しからのご相談

image

瑞穂の家

地震や津波等の災害への不安があり、名古屋市南部から小高いエリアに移りたいという要望から、あれこれ探し歩いてたどり着いたのが、道から3メートル上がった瑞穂区の敷地。

地盤も固く、見晴らしや日当たりがいい。地下鉄の駅からも徒歩圏内。途中には桜並木もある。このような恵まれた条件の敷地が良いということになりました。
そこで、3メートルの段差の処理や駐車場がうまく取れるか、厳しい建蔽率や法の制限も多く難しい条件がそろっていました。要望が実現する間取りになるか等を検討し、土地の取得に至りました。

image

設計では、土地の高低差を活かして地下駐車場とし、駐車場の上に庭を確保しました。 間取りに関しては、南が45度振っていることから日当たりと眺望を重視してL型にしました。
外の緑や眺望をいろいろなスペースから楽しめることと空間の抜けを作り、風通しを確保しています。内観、外観共に、伝統的な日本家屋の長所を引き継ぎつつも新しいデザインを盛り込み、なじみやすい木や塗り壁などの伝統材料を使いながらも現代的なつくりかたをしています。また、豊かな街並みを意識して植栽計画をしています。

▲PAGETOP