藤吉建築設計事務所

クリニック・福祉施設

image

concept

運営者、スタッフ、利用者さんにとって親しみを感じ、使いやすいこと。周辺環境に馴染みながら印象に残る建物であることを意識して計画しております。
条件に合わせた土地探しから、事業計画、ホームページ等幅広くお手伝いさせていただいております。

pick up

image

40年近く前、親世代の歯科医院を設計させていただき今回は世代交代のための二回目の設計の相談をいただきました。
スーパーマーケットが向かいにあり目立つ立地であることから印象に残るような外観にしたい、また地域柄親しみの持てる雰囲気にしたいという要望を受けました。石張りの8角形のとんがり屋根の上に時計台のある外観はそんな要望に応えたものです。

  • image
  • image
  • 歯科医院のロゴ、HPなどもイメージにあわせてデザインさせていただきました。
    サインには「歯科」に因んで「鹿(しか)」、鹿の角に家紋のデザインを取り入れることに。お施主さんの遊び心は医院内に置かれた小物やホームページにも反映されています。

    ホームページはこちら icon
  • image
  • image
  • 院内はお子さんや患者さんがリラックスできるよう工夫しています。
    待合室は開放的で広々した空間にし、設えも照明や家具カーテンにいたるまでやわらかく優しい雰囲気をイメージしてコーディネートしました。
  • image
  • image
  • 診療室にも構造の木をあらわし、診察台の前に植栽をおこなうことで無機質な病院というイメージを緩和しています。
    建物の随所にアーチのデザインを取り入れ建物に変化をつけながら楽しい雰囲気を演出しています。
  • image
  • image
  • エントランスポーチは緩やかなスロープを配置し全室バリアフリー対応に。床には天然石を貼り滑りにくいようにしています。キッズコーナーやパウダーコーナー、ユニバーサルトイレを設置、患者さんに決め細やかな配慮をした計画をしています。
  • image
  • image
  • 医師やスタッフにとって快適で働きやすい環境にするため、動線計画をはじめ機能性にも配慮しています。医療家具も使い勝手に合わせすべてオリジナルで制作させていただきました。

image

世代継承を機に自宅を歯科医院併用住宅に建て替える相談を受けました。
先代からの患者さんを含め幅広い世代の患者さんに支持されるよう歯科医院のプランや設備などはこれまで培ってきた経験を活かすとともに若い世代の意見も取り入れて計画しました。

外装材は二種類使い箱状の建物に変化を持たせるために大きな模様をほどこすデザインに落ち着きました。必要な窓を設けながらイメージを損ねないために細部にも注意した設計になっています。

image

1階が歯科医院、2階3階が住宅のため、交差点に面している立地条件を活かしながら、住宅の生活観を感じさせないことと同時にプライバシーを確保すること、騒音などに配慮しました。
配置計画においても、歯科医院用に限られた敷地に駐車台数を確保しながら安全な出入りができること、住宅部分はエントランスを独立させ、世帯ごとに独立して使える間取りにする、等さまざまな課題をクリアしながら現在のプランに落ち着きました。

  • image
  • image
  • 院内は伝統的な日本のデザインを取り入れることで温かみがあり緊張感を和らげる雰囲気をつくっています。
    名栗加工の木材を使った受付カウンターは旅館のフロントのような雰囲気に。診察室や各療台の仕切りにも木格子を使っています。
  • image
  • image
  • トイレやパウダーコーナーのサインは木の素材でやさしい印象に。小さな子どもも分かりやすいデザインにしました。
    診療室は限られたスペースの中で明るく広々とした雰囲気にするため窓の大きさや配置、インテリアの色使いに配慮しています。
    医師やスタッフにとって快適な環境をつくるため家具等もすべてオリジナルで製作しています。
  • image
  • image
  • 建物以外に、サイン、ホームページ、診察券、名刺等、医院全体のイメージづくりに協力させていただきました。

    ホームページはこちら icon
  • image
  • image
  •  

image

障がい者は一人ひとり特性や障害の度合いが違うので、施設の運営者と入居予定者の状況を確認しながら間取りを計画しています。
構成人数や希望の立地、近隣の状況等にあわせ土地探しから一緒にさせていただくこともあります。

建物が完成してからも、法規制により設備の改善が求められることもあります。この施設の場合、完成後に消防法が改正されスプリンクラーの設置が求められました。入居者が不安にならないよう見た目のイメージをあまり変えないようにすること、タンクの設置ができるかも考慮して改修しました。

  • image
  • image
  • 入居者さんがくつろいで過ごせるLDを窓際に配置。明るく風通しのよい場所で、日中は洗濯干し場としても利用されています。
    キッチンとLDはスタッフがキッチンで作業しながら利用者さんの状況を確認しつつ、状況に応じドアで仕切れるようにしています。
  • image
  • image
  • 各部屋はあたたかい雰囲気でくつろいですごせるよう木をたくさん使ったインテリアに。クローゼットは使う人が簡単に目で確認できるようオープンな状態にしています。棚には自分の趣味のものや日常的に使う小物を置けるようにしました。

image

福祉施設は利用者の方がくつろいで過ごせることはもちろん職員が介助しやすいこと、維持管理しやすいことが重要になります。
使いやすい間取りはどうあるべきか、介助しやすい水周りの作り、大型の車椅子での移動が多いので床材をはじめ、仕上げ材に何を採用するかなどなど注意深く検討を重ねました。

  • image
  • image
  • 外観は事業者の意向でコンクリート打ち放しにしています。エアコン屋外機を隠すための木製のルーバーがコンクリートの無機質な感じを和らげています。

    補助金の制約もありRCでこの計画を実現するため構造をシンプルにし、コスト低減を図りました。限られた予算の中でできるだけ広さや設備に重点を置いたことで利便性や機能性が確保されています。
  • image
  • image
  • リラックスして過ごしてもらえるようデザインを学ぶ学生さんたちに協力してもらい壁に絵を描いてもらいました。

新規事業・開業支援 新規事業・開業支援   土地探し 土地探し   耐震診断・既存建築物状況調査 耐震診断・既存建築物状況調査   特殊建築物の定期調査・報告 特殊建築物の定期調査・報告   ボリュームチェック ボリュームチェック   ブランディング・ホームページ ブランディング・ホームページ

実 績 一 覧  ▶

ビジネスサポート

ビジネスサポートについて

▲PAGETOP