藤吉建築設計事務所

リフォームのご相談

築40年以上経つ中古住宅を改修。中古住宅を購入する前に、間取りや建物状態を確認しています。さらに、費用面を含めて改修可能な住宅であるか判断して、購入、改修に至っています。

二室続きの和室を一室のリビングに改修。構造を考慮し、補強も同時にしながら間取りを変更しています。また、全てを一新するのではなく、既存の窓は残したり既存の間取りを活かしたりして、コスト管理も行っています。

床の間空間を利用し、飾り棚を設置しています。住まい手の趣味を反映しながら、個々のライフスタイルに合った空間となっています。

北側で暗かったダイニングの天井を撤去し、天窓を設置し明るく広がりのある空間に改修。構造躯体をインテリアに取り込みながら、既存の素材を活かして構成しています。

▲PAGETOP