藤吉建築設計事務所

実績紹介

南北にも上下にも抜ける傾斜地の家

所 在 地  名古屋市
主要構造 木造2階建

傾斜地で奥行きのある敷地に計画された家です。
宅地造成の規制があるため高低差の処理が大きなテーマとなりました。結果的には南北に抜ける気持ちの良い空間が実現しました。
擁壁の代わりに一部半地下の車庫を設けて高低差を吸収しつつ2台分の駐車場を確保しています。 車庫の上のテラスは眺望もプライバシーもばっちりのアウトドアスペースに。反対側は傾斜を利用した庭として、窓から一面の緑を望む落ち着いたインテリアとなりました。 室内も高低差を吸収するための段差を設けたり二階とつながりを感じるように吹き抜けを組み込んだりと、外観からは想像しにくい変化に富んだ楽しい空間になりました。
普通の敷地でないことが面白い家を作るにはプラスになることがよくあります。 一般的な間取りに縛られないことが自由な発想に繋がるからでしょう。 塗り壁と木のぬくもりのあるインテリアは当事務所の特徴ですが、長い年月を経ても古びた感じにならず経年変化も楽しめるものだと経験の中で実感しています。

image

<

image